神奈川県大和市にある人気カーテンのオーダー専門店

施工ギャラリー

艶やかなアマリリスが香るリビング

藤沢市

艶やかなアマリリスが香るリビング

リビングには、アマリリスのデザインされたカーテンとシェードをコーディネイトしました。

見る時間によって、表情の異なるスミコ・ホンダのカーテンは

白い壁紙に映え、まるで時間とともに変化する絵画のようです。

 

スミコ・ホンダとは

川島織物セルコンのハウスデザイナー本田純子による、ファブリックコレクション。

日本の四季を愛でること

Sumiko Honda シリーズのファブリックスは四季の移ろいや、光と陰、水や空気の流れといった

日本ならではの自然観があふれ、光の加減でファブリックスの表情がさまざまに変化するのを楽しめます。

これらによって、日本人が本来もっている美意識や感覚を呼び覚ましていくのが「 Sumiko Honda 」の願いです。

 

手書きで原画を作成し、その繊細なにじみを立体的に表現するため

光や風を取り込む風通織組織などの技術を駆使。

素材にもこだわり、表現に合わせた糸や染料、織組織を厳選して組み合わせました。

このように、一人のデザイナーが企画・デザイン・織物設計まで一貫して携わり

複雑なオリジナリティを追及しているブランドは類いまれなブランドといえます

『ディリット』

2014年の代表作である『ディリット』は、

伸びやかで凛とした「アマリリス」の花を、手描きのデザインおこし、

花びらのふくよかで豊な厚みや、茎が幾重にも重なった地文様を、

複雑な刺繍調の織組織とやわらかな風通織で表現した作品です。

夜は、デザインはもちろんのこと色の複雑さに目を奪われ、

日中は、光が入ることで浮き出てくる織目の複雑さに目を奪われてしまします。

タッセルは、キラッと輝くクリスタルが特長のロープタッセルを合わせました。

房のないタッセルにすることで、モダンな雰囲気になっています。

 

実は今回、あえてカーテンとシェードの色を変えています。

カーテンスタイルは赤、シェードスタイルはオレンジがベースの生地を使用しました。

窓の面(方角)が異なるため、光の加減で不思議とこの組み合わせのほうが

色が馴染んだためです。

不思議ですね。

 

さらにレースカーテンは、リネン素材で合わせました。

天然素材ならではの表情が、生地をより美しく、味わい深くしてくれます。

また見た目だけではなく、調湿機能や、保温機能、静電気が起きにくくホコリが付きにくい等

機能も豊富です。

 

素材こそ、ドレープカーテンと異なりますが、

植物素材の生地と植物の美しさを表現した『ディリット』は、とても合っていて素敵ですね。

 

そして、アンティーク家具も素敵でしたので一緒にご紹介します。

こちらは軽井沢彫りの家具でお客様が一目ぼれをされたご購入されたそうです。

サイドと天板にも彫刻が施されており、とても美しい家具でした。

この木目の美しさと植物彫りの美しさが、カーテンにとっても合っていました。

 

 

 

 

スタイル
キーワード

カーテンコンシェルジュがご案内いたします。

窓装飾プランナー、インテリアプランナーの資格を持つスタッフが
カーテンのご相談を親身になってお聞きします。

ご来店の際に「図面」と「イメージ写真」をお持ちいただくとスムーズです。
事前予約OK 無料カーテンレンタルOK